鼻の内視鏡 副鼻腔炎手術 アレルギー性鼻炎手術 花粉症手術  ESS 耳内視鏡手術 TEES 日帰り手術治療 土曜日手術 あさま耳鼻咽喉科医院

新しい日帰り内視鏡手術法

 最新のナビゲーションシステムによる手術は、従来の内視鏡による手術法を一新する可能性を持っています。例えば目の前の自動車を修理する場合、メーカー手順書にのっとりまずは手前のパネル全部からと、順番に取り外していかないと奥の目標物にたどり着きません。しかし、ナビゲーションシステムを使用すると、最小限の穴をあけるだけで、最短距離で目標物に到達できるのです。

ナビゲーションシステムを用いた新しい手術法の可能性

 複雑な解剖の理解と精緻な手術手技が要求される手術に、ツインズ手術室に1台ずつ完備したナビゲーションシステム_

 外科手術の教科書には、手前の骨・粘膜から順番に丁寧に除去していく従来からの手順が載っています。外科系の医師は師匠と弟子(オーベン・ネーベンといいます)の関係を作り、その手順を徹底的に弟子の体ににたたき込むものなのです。それは過去の失敗を教訓にした慣習であって、手の器用さが関係なく手術をある程度問題なく完遂できるよう工夫された医師達の長年の知恵なのです。

 ナビゲーションシステムを用いた手術では、従来法をより安全に施行できるということだけでなく、実は従来からの手順を大幅に省略できます。「(視界を広くとるために)手前を広く大きく開けてから奥に進め」という従来のセオリーは「おおきく開けずに最小限の穴で目標の部分だけを治療せよ」というものに変革しつつあります。


 この症例は嗅覚障害(異臭症)の患者様でしたが、篩骨洞に蓄膿病変(赤矢印)がありましたので、内視鏡手術で選択的に病変を取り除き正常な嗅覚を回復させました。この手術法はナビゲーションシステムがないとかなり危険な行為です。従来法では「やってはいけない手技」なのです。なぜなら、横に右目があり上方には脳が存在し、さらにはどこに動脈があるかもわからない状態でただ闇雲に穴を開けていくのはまさにクレイジーな事だからです。
 しかしナビゲーションシステムを用いると冒頭の自動車の修理の話のように的確に目標をとらえて突き進んでいくことができるのです。(簡単に書きましたが実際にはナビゲーションシステムの精度を常時厳密に確認しつつ安全性を担保しつつ慎重に進めて手術をしました)
 もう一つのメリットとして周辺の構造を破壊しない術式のため、気流の変化を起こしていないのです。構造変化により気流が変わり嗅覚が逆に弱くなってしまうということは鼻の内視鏡手術においてよく報告されている事実です。逆に言うと、従来法では嗅覚が戻らない可能性もあった、ということです。

空気の流れは目には見えないが感じることはできる

 独自の研究所、”あさま研究所“で開発した鼻の気流解析システムを用いて、術後のすがすがしい鼻のながれを創り上げる_

 例えば、嗅覚神経を通る空気の流れ、これは長い間謎でした。人によって構造がちがうのと、なによりも風洞実験が不可能だったからです。鼻の気流解析システムはこの目に見えない微細な空気の流れをコンピュータ上で再現できます。したがって、空気の流れが滞っていて嗅覚が悪い患者さんは、その滞りを解消すれば嗅覚がよくなる、ということがわかります。

耳の日帰り内視鏡手術の可能性

 腹部の手術、かって胆嚢を摘出する手術は大事でした。現在は腹腔鏡にて早期社会復帰が可能になりました。今、耳にも同じような現象がおきようとしています_

 耳の内視鏡手術は病院に入院して全身麻酔をかけて顕微鏡下に3~4時間かけて行っていました。現在あさま耳鼻咽喉科医院では、が、より侵襲の少ない手術である内視鏡下耳科手術(TEES)を行っています。顕微鏡下に行う従来の手術法との違いは耳の後ろを切開しないことです。したがってガーゼを当てることや圧迫すること、消毒なども必要なく、耳の中にゼルフォームという特殊なスポンジと綿球を詰めた状態で日帰りで帰宅していただきます。手術時間も約90分から120分と大幅に短縮されています。

Copyright © 2018 Asama ENT Clinic. All Rights Reserved.