鼻の内視鏡 副鼻腔炎手術 アレルギー性鼻炎手術 花粉症手術  ESS 耳内視鏡手術 TEES 日帰り手術治療 土曜日手術 あさま耳鼻咽喉科医院

好酸球性副鼻腔炎

好酸球性副鼻腔炎は難病指定されている疾患です。
患者様のQOLを取りもどすため、全力で治療してまいります。

好酸球性副鼻腔炎の治療法とは

どんな病気? 

好酸球性副鼻腔炎とは、両側の鼻の中に鼻茸(ポリープ)がたくさんでき、手術をしてもすぐに再発する可能性がある難治性の慢性副鼻腔炎です。ステロイドを内服すると一時的に症状が軽快する特徴があります。すなわち、好酸球の暴走を抑えるためにステロイドが最も有効な治療法です。しかし好酸球性副鼻腔炎自体は生命に危険を及ぼさないので、ずっとステロイドを服用することは避けた方が良いとされます。そのためステロイド内服を中止すると風邪などの感染を契機に鼻茸が再度大きくなり、悪い状態に戻ってしまいます。

原因は何?

その一方で、好酸球性副鼻腔炎の中には、これらの治療を行ってもポリープの再発を繰り返す難治性副鼻腔炎が増えてきています。
好酸球性副鼻腔炎の患者様は、日本に100万人以上いると言われています。(全人口の1%以上)1900年代には、この病気の人があまり日本にいませんでした。1990年代後半から2000年にかけてこの病気の人が徐々に増えてきました。好酸球すなわち本来寄生虫を攻撃する役目の白血球が、上下水道、食品衛生等の向上により寄生虫そのものがいなくなった現在、勝手に好酸球が大暴走している、という見方もできます。

 どう治療したらよい?

好酸球性副鼻腔炎は難病指定されており、当院は難病指定医療機関ならびに難病指定医師の指定を得ております。大切な事はこの病気を治そうとするのではなく、患者様自身がどう病気と付き合っていこうと考えるかが大切なポイントです。

 一番、問題となる症状は鼻閉であり、これに対しては数年に一度の内視鏡手術が必要になります。粘膜をきれいに掻爬すればそれだけ次の手術への期間が長くなりますが、術中術後出血や眼や脳硬膜の損傷等の合併症リスクが高くなります。

当院では好酸球性副鼻腔炎の患者様の要望をできる限り汲むようにし、個人個人に合わせたオーダーメイドの治療を提供できるよう心がけております。

Copyright © 2018 Asama ENT Clinic. All Rights Reserved.