鼻の内視鏡 副鼻腔炎手術 アレルギー性鼻炎手術 花粉症手術  ESS 耳内視鏡手術 TEES 日帰り手術治療 土曜日手術 あさま耳鼻咽喉科医院

はじめての診察・術後診察についてのご質問

Q 日本語による会話が困難なのですが、診察は可能ですか?

A 大変申し訳ありませんが日本語が堪能な方(日本語で思考できる方)のみを対象にさせていただいております。
We are very sorry but we accept only those who can almost think in Japanese for our profiling examination & safety surgical operation.

当院は、一般外来の診察も含めて、患者様の生活スタイルや食生活や嗜好、文化的な考え方までプロファイリングさせて頂いた上で診断・治療をおこなっております。したがって、患者様ご自身の考え方やお気持ちを日本語ににて明確にお聞かせ頂く必要がございます。特に静脈麻酔には導入時や終了時に意識が朦朧とする状態が数分間続くため、メディカルスタッフの言葉(日本語)による指示が本質的に理解できないと大変危険です。また、事前に日本語にてご説明した周術期の注意事項も、結果として明確に理解していただけなかった外国人の方も過去にいらっしゃいました。したがって、当院では患者様の安全確保のため、たとえご家族が日本人だとしても日本語で思考できない患者様の診察はご遠慮いただいております。大変申し訳ありません。

Q とりあえず診察だけ受けて、当院で手術を受けるかは自宅でよく考えたいのですが?

A 全く問題ありません。

大切な患者様ご自身の体。そう易々とメスをいれられる事を希望する患者様はいないのではとお察しいたします。当院を受診の上どうぞ納得のいくまでお悩みいただき、場合によっては他院も受診していただいて総合的に判断された上で、当院を選択していただけると幸いです。当院はブラックボックス化のない全て目に見える安心安全の医療を理想としております。そのため、万が一治療方針に対する疑問や術後の不安が生じるようなことがあれば、例え手術の前日であっても電話等による問い合わせに対し、専門の職員が納得のいくまでご説明させていただいております。また術後も24時間態勢でフォローさせていただいております。

Q 初診の予約を取ったらその日のうちに手術ができますか?

A 当院では術前検査がいらない簡易的手術はおこなっておりません。

当院では例えばレーザー鼻粘膜焼灼術のような簡易的手術はおこなっておりません。全ての手術は、事前に術前検査を受けていただいた後に、予定日に手術室で静脈麻酔下にて安全におこなっております。どうかご了承くださいませ。

Q 遠方に住んでいるのですが、手術はできますか?

A 術後数回の診察が可能であれば大丈夫です。

鼻手術、耳手術とも術後1ヶ月間は、最低でも2週間に一度は診察が必要です。
遠方の患者様とは、自動車でおおむね1時間以内に来院できない患者様と一般には定義されております。一般的に遠方の患者様は術前術後に数日の近隣の宿泊先(当院から自動車でおおむね1時間の場所でホテルや親戚宅)の確保が必要です。
 鼻手術の場合、手術前日を含めて4日ほど宿泊していただく必要があります。その後は約1週間後+約2週間後+さらに約2週間後の計3回は診察が必要になる見込みです。
 耳手術の場合は、術前術後の2日間ほど宿泊していただきます。その後約1週間後+約2週間後+約2週間後+約1ヶ月後の計4回通院が必要になる見込みです。
 術後通院は鼻手術、耳手術とも必ずしも宿泊していただかなくとも結構です。

Q 内視鏡手術外来は何歳から受診可能ですか?

A 実際の手術は14歳からになりますが、手術を念頭においた診察は中学生から診察させていただきます。

対象疾患は重症アレルギー性鼻炎(花粉症)、慢性副鼻腔炎、慢性中耳炎です。ご家族または患者様の都合によりあらかじめだいたいの手術を受ける時期の目安を決めて来院されると話がよりスムーズかと存じます。
しかし中学1年生2年生の段階ではまだ自ら手術を希望されるお子様は殆どいないため、ご本人の精神的成長を待つことも肝心です。当院では本人の望まない手術はお受けいたしておりません。したががって場合によっては、手術が15歳~17歳に延期されるお子様もいらっしゃることをどうぞご理解ください。

Q 術前検査では何をしますか?

A 術前検査とは患者様が手術を決められ後、静脈麻酔のために必要最小限の検査をして健康体である事を医療者側が確認する手続きです。

具体的には採血、心電図、鼻または耳CT、無呼吸検査[BMI20以上かつ口腔内所見により]、嗅覚検査[嗅覚に関連する鼻手術のみ]、各種聴力検査等[耳手術のみ]があります。(全て保険診療対象です)
採血では肝機能・腎機能・血液成分に異常が無いかしらべます。
心電図では不整脈が無いか調べます。
鼻または耳のCTはそれぞれの手術に必ず必要な検査です。

Q 初診の予約の取り方について教えて下さい。

A 電話にても賜りますがインターネットによる予約がとても便利です。

インターネットによる予約は、24時間365日予約可能かつ変更や取り消しも可能なので大変便利です。初診患者様は新規患者登録画面で、電話番号を入力の上、必ず [内視鏡手術外来]を選択してください。一般外来では十分な診察時間(15分~1時間)を確保できない恐れがございます。⇒初診予約はこちら

電話番号は0280-92-9080です。お間違えないようよろしくお願いします。なお受付または会計業務兼務のために電話がつながりにくい場合がございます。また留守録応答の場合休診日ですので恐れ入りますが後日改めておかけ直しくださいませ。

Q 術後の診察予約の取り方について教えて下さい。

A 電話にても賜りますがインターネットによる予約がとても便利です

インターネットによる予約は患者様番号と生年月日(例0601)を入力後、[診察]を選んで押してくださいませ。
術後診察予約はこちら

電話番号は0280-92-9080です。お間違えないようよろしくお願いします。

Q 手術後はいつから仕事をしても大丈夫でしょうか?

A 鼻手術と耳手術で異なります。

鼻手術は術後4日目の鼻の詰め物を抜いた以降可能です。
耳手術は翌日より仕事可能です。
ただしいずれの手術の場合も過労は傷の治癒を遅らせる可能性があるとお考え下さい。本来は入院するような手術後の療養時間を、ご自宅にてゆっくりくつろいでいただくようなものとお考え下さい。

Q 他院からの紹介状は必要でしょうか?

A 紹介状がありますとプロファイリングが大変スムーズに進みます。

当院の「内視鏡手術外来」では一人一人丁寧にプロファイリングをおこなうために、ある程度の診察時間(15分~1時間)を確保しています。プロファイリングとは過去の病歴や嗜好品はもちろん、患者様の考え方やその時のお気持ちまでお聞きして、患者様のトータルな人間像を私共がしっかり認知させていただくための大切な手続きです。またプロファイリングをおこなった結果、合併症の存在や静脈麻酔が安全にかけられない等、やむを得ない理由にて患者様の手術のご希望に沿えない場合もございます。何卒ご了承くださいませ。
また患者様のプライバシーや情報漏洩に関しましては厳重に管理・指導しておりますのでご安心くださいませ。

Q 他院への紹介状を書いて頂けますでしょうか?

A 大変申し訳ありませんが当院ではお書きできません。

紹介状を書くには大変時間がかかり(事前に紹介先の医師にメールや電話連絡等含めますと2~3時間)、また紹介側にも相応の責任が生じる行為だと考えております。したがって当院では専門性に特化するために一部例外(口蓋扁桃摘出術・重症慢性中耳炎・当院にて発見した悪性腫瘍等。提携病院先のみ)を除いて他院への紹介状は原則お書きしておりません。紹介状をご希望の場合には、申し訳ありませんが他医療機関を御利用くださいませ。なお、当院に紹介していただいた医療機関に対しては詳細なご報告と礼状を必ず作成しております。

Q CTは他院で一度撮影した事があるのですがもう一度うけるのでしょうか?

A 患者様の利益のためもう一度受けていただく事になると思います。

当院ではモリタ製作所製コンビームCT(3D Accuitomo F17)を使用しておりますが、同機種でも医療機関により設定が大きく変わります。鼻手術では流体解析診断やナビゲーションシステムによる手術のため、耳手術においては事前に大学病院との遠隔診断によるプランニングのために、持ち出し不可能な生のCTデータ(RAWデータと言います)が必要になります。
なお、当院のコンビームCTは一般病院のCT(東芝製・日立製・GE製・シーメンス製)の放射線被爆量と比較すると1/20程度とかなり低いため、たとえ短期間に二度撮影したとしても影響は殆どありませんのでご安心くださいませ。(妊婦さんを除く)
また当院で撮影したCTデータ(診療所用または病院用)をご自身で持ち帰りたい場合は実費(¥1,000)にてCD-ROMにて即日お渡しする事ができます。血液、無呼吸検査、嗅覚検査等その他の検査データはすべて無料にてお渡しできます。初診時または再診時に受付まで申しつけくださいませ。なお、電話にての検査データ請求、検査結果の問い合わせ等は、個人情報漏洩防止の観点より堅くお断りしております。

Copyright © 2018 Asama ENT Clinic. All Rights Reserved.