鼻の内視鏡 副鼻腔炎手術 アレルギー性鼻炎手術 花粉症手術  ESS 耳内視鏡手術 TEES 日帰り手術治療 土曜日手術 あさま耳鼻咽喉科医院

手術費用・会計についてのご質問

Q クレジットカードは使えますか?

A 申し訳ありませんがクレジットカードは使えません。

Q 診察代や手術代は公的医療保険が適用されますか?

A 当院の治療は全て、保険診療で行っています。
保険に入らない項目
保険会社からの診断書記入代 等 ※高額療養費制度をお使いいただけます。

Q 生命保険の保険金を請求する場合、"日帰り入院"の対象になりますか?

A 当院の手術は日帰り入院に該当しません。
現在あさま耳鼻咽喉科医院には入院施設がないため、日帰り入院の対象にはなりません。保険会社の診断書は、外来扱いで記入します。手術に対する保険については通常通り記入させていただきます。(入院ベッドにつきましては現在申請中です)

Q 鼻手術の費用はどれくらいかかりますか?

A 患者さんの状態によって、適応となる手術の種類や組み合わせは異なりますが、下記が当院で行っている主な鼻の手術と費用の一覧です。
(※保険点数は改定されることがあります。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください)。
 鼻中隔矯正術 [K347]・・・8,230点
 内視鏡下・副鼻腔手術II型 [K340-4]・・・12,000点(片側)
 内視鏡下・副鼻腔手術II型 [K340-5]・・・24,910点(片側)
 内視鏡下・副鼻腔手術IV型 [K340-6]・・・32,080点(片側)
 経鼻腔的翼突管神経切断術 [K344]・・・30,460点(片側)
 粘膜下下鼻甲介骨切除術 [K339]・・・3,550点(片側)

<鼻手術例>  [K347]+[K340-5]×2+[K339]=65,150点(¥651,500)
・3割負担の場合、上記金額×0.3が窓口負担金です。
・再診料、全静脈麻酔費、薬剤費、ナビゲーション加算料等が別途かかります。
・高額療養費の対象です。詳細は所属される健康保険の窓口にお問い合わせ下さい。

Q 耳手術の費用はどれくらいかかりますか?

A 患者さんの状態によって、適応となる手術の種類や組み合わせは異なりますが、下記が当院で行っている主な耳の手術と費用の一覧です。
(※保険点数は改定されることがあります。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください)。

 鼓室形成手術耳小骨温存術 [K319-1]・・・34,660点
 鼓室形成手術耳小骨再建術 [K319-2]・・・51,330点
 乳突削開術 [K305]・・・24,490点の50%

<耳手術例>  [K319-2]+[K305]=63,575点(¥635,750)
・3割負担の場合、上記金額×0.3が窓口負担金です。
・再診料、全静脈麻酔費、薬剤費、等が別途かかります。
・高額療養費の対象です。詳細は所属される健康保険の窓口にお問い合わせ下さい。

Q 75歳以上ですが支払額はいくらになりますか?

A 現役並所得者は57,600円、それ以外は14,000円のお支払いになります。
詳細はお住まいの市町村にお問い合わせくださいませ。。

Q 医院のそばに金融機関がありますか?

A 当院から50mのところに24時間営業のセブンイレブンがあり多種の金融機関のカードが使用できるようです。
当院ではクレジットカード、デビットカード、PASMO等の電子マネーは取り扱っておりません。申し訳ございません。

Q 市区町村の発行している医療証は利用できますか?

A 利用できます。
茨城県古河市内にお住まいの患者さんは、保険証と併せて医療証もご提示ください。古河市外にお住まいの患者さんはいったん治療費や手術代を自己負担分お支払いいただきますが、お住まいの市区町村へ払い戻しの申請を行うことにより、医療費助成を受けることができます。詳細はお住まいの市区町村にお問い合わせください。

Q 鼻の初回診察費用はどのくらいかかりますか?

A 申し訳ありませんが最低でも鼻腔ファイバー・副鼻腔CTを撮影するので、3割負担で7~8千円程度はかかると思われます。
 鼻腔ファイバーは「空気の気持ちになって」鼻の気流を考えるために必要です。副鼻腔CTは腫瘍性の否定、真菌性の否定、嗅覚路の確認等で撮影が必要です。他に嗅覚に関するご相談があれば嗅覚検査、無呼吸やイビキに関するご相談があれば無呼吸検査等、検査料金がそれぞれかかります。一般耳鼻科と異なり専門性追求のためには正確に病気を把握するだけでもそれなりの費用がかかってしまう事、何卒ご了承くださいませ。

Q 耳の初回診察費用はどのくらいかかりますか?

A 申し訳ありませんが最低でも純音聴力検査・中耳ファイバー・側頭骨CTを撮影するために、3割負担で7千円~8千円程度はかかると思われます。
 手術執刀医にデジタルデータを送り遠隔診療いたします。これ以外に細菌の培養検査、脳波検査等の検査が追加される場合がございます。一般耳鼻科と異なり専門性追求のためには正確に病気を把握するだけでもそれなりの費用がかかってしまう事、何卒ご了承くださいませ。

Copyright © 2018 Asama ENT Clinic. All Rights Reserved.