鼻の内視鏡 副鼻腔炎手術 アレルギー性鼻炎手術 花粉症手術  ESS 耳内視鏡手術 TEES 日帰り手術治療 土曜日手術 あさま耳鼻咽喉科医院

後鼻神経切断術とは

どのような手術なの?

後鼻神経とは鼻水とクシャミを制御する神経で右側に1本、左側に1本ずつあります。この神経が頭蓋底から出た部分で根幹部から直接に断ち切って症状を緩和させようというのが通称:後鼻神経切断術(正式名称:経鼻腔的翼突管神経切除術)です。

いつ頃から始まったの?

 十数年前に超音波凝固装置を用いて後鼻神経を切断する術式が開発されました。重症アレルギー性鼻炎の根治的手術といわれ、それ以外にも数々の手法が開発されました。根幹部を直接切除する術法を日帰り内視鏡手術でおこなうのは、大出血のリスクが高いため当院では行いません。 後鼻神経切断術(根幹部直接切断法)は1週間~10日の入院が安全のために必要だ」〔Wikipedia”後鼻神経切断術〕というのは良い提言だと思います。

他の合併症はなに?

 また後鼻神経を完全に切断し再接続を不可にする処置は、合併症が起きた場合に元にもどらないという将来的リスクもあります。すなわちアレルゲンに対するアレルギー反応は一般的にはなくならないとされておりますが、例えば加老により花粉症が治ることはよくあるケースです。そうした場合に鼻腔内を湿らすに十分な鼻水がでず、極端に鼻腔内が乾燥してしまう(いわゆるempty nose症候群)は非常に辛い症状です。

 

あさま耳鼻科ではどう対策してるの?

 当院では2013年に神戸大学の医師らによって発表された「選択的後鼻神経切断術」という術式を採用しています。これは後鼻神経の4本の枝のうち、下鼻甲介を支配する神経のみを焼灼切断する方法です。この方法では鼻水は半減程度に留まります。しかし、出血リスクが殆どなく日帰りでも帰宅可能な手術法で、重篤の副作用すなわち将来のempty nose症候群の有効策になり得ると思います。

あさま耳鼻科で手術を受けるメリットは何?

 選択的後鼻神経切断術のみを受けた後、花粉が大量飛散時には鼻詰まりが生じてしまう場合があります。したがって当院ではこの方法に加えて篩骨洞を開放して第二ルートを作り、花粉大量飛散時にも鼻閉や鼻汁過多にならない鼻になるよう工夫して手術しております。
 さらに当院では副鼻腔CTより患者様毎の鼻の3Dモデルを作成し流体解析をおこない、術前に鼻の空気の流れ方をチェックし患者様別の手術設計します。患者様の鼻は十人十色ですので、一律同じな手術法を選択することはいたしません。

Copyright © 2018 Asama ENT Clinic. All Rights Reserved.